So-net無料ブログ作成
検索選択
ドイツ ブログトップ

最終日、ダルムシュタット観光 [ドイツ]

DSC_0404.JPG

ドイツ旅行の続きです。

ケルンから帰ってきた夕方、夕食はレストランへ食事に行きました。
IMG_2192.JPG

ドイツに行ったら肉しか食べない、と誓っていましたが
最終日はサーモンがのったラザニアを頂きました。
普段もお魚よりお肉なのですが、恐らく塊肉をほとんど食べないせいなのか
疲れてきて、魚介を食べたくなってしまい・・
ちゃんとワインも頂きました。
IMG_2191.JPG

家に帰ってから買ってきたフェザーバイザーを飲みました。
友人が買ってくれました~!
IMG_2193.JPG

フェザーバイザーは今の時期しか飲めない発酵途中のワイン。
発酵しているから瓶のふたが半開きで横にできない。
日数が立つとよりお酒感があるらしいのですが、途中なのでブドウジュース
のようでいくらでも飲めてしまいます。
ちなみにこれはドイツ産ではなく、イタリア産。(ドイツ産はまだ売られていなかった)
これを飲みながら最後の夜が過ぎていきます。
IMG_2194.JPG

次の日はダルムシュタット観光
18時の便で帰国するので、15時くらいまでは自由。

町の中心部へ。
IMG_2198.JPG

IMG_2220.JPG

IMG_2219.JPG

マチルダの丘に行きました。
IMG_2203.JPG

ヘッセン=ダルムシュタット公国の最後の大公
ルードヴィッヒ大公とマチルダ妃の結婚を記念して作られた結婚記念塔(1907年)
手の形をした建物。
実は私が持ってる南ドイツのガイド本にはダルムシュタットは一切載っていません。
なので、調べた情報。
IMG_2210.JPG

IMG_2204.JPG

IMG_2205.JPG

IMG_2206.JPG


ロシア教会
IMG_2201.JPG

結構記念塔の前にある公園。
IMG_2207.JPG

昔の城壁の一部を使って建てられた建物。
IMG_2200.JPG


この日とても日差しが強く、ばてました。
今までの雨と気温の低さはなんだったのか。
しかし、写真で見ても綺麗な青空♪

美味しいスープ屋さんで昼食たべました。
ズッキーニのスープ。
IMG_2199.JPG
友人のお子様となかよく食べました。

友人が私好みの建物とお庭があるところへ連れて行ってくれました。
素敵~♪
IMG_2215.JPG

IMG_2217.JPG

コンサートなどが建物で行われていたるするとのこと。
広い庭と素敵な建物。
DSC_0403.JPG

IMG_2213.JPG

IMG_2214.JPG

観光後、空港へ。
IMG_2221.JPG

しかし、良い天気だったなぁ。
友人のお子様がとても懐いてくれて、おばちゃんは帰るのが名残惜しかったです(笑)

機内食。
IMG_2224.JPG

IMG_2225.JPG

羽田到着。
曇ってました。
IMG_2226.JPG

そしてゲートを出たとたん、報道陣が沢山。(ドイツ旅行1番最初の記事をご覧ください)
とても楽しかったので名残惜しいです。
6日も宿泊させてくれ、さらに観光にも付き合ってくれた友人と旦那様に感謝です。
大変だったと思いますが、懲りずに都合がつけばまた行きたいと思っていますので
宜しくお願いします!



今度は来週にはドイツから友人が日本に来ます。
そんな訳で、ついでに久しぶりの仲間と合う約束をしているので
とても楽しみです(^-^)
nice!(58)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ケルン大聖堂 [ドイツ]

DSC_0390.JPG

DSC_0396.JPG

ドイツ旅行の続きです。

ブリュールを後にして、ケルンに到着したのが18時近くだったので、
この日はケルンに1泊しました。
ケルン大聖堂の見学は次の日。
この日は何らかのイベントがあり、ホテルの空きがなかなかなく
少し値が張るけど、ヒルトンを予約してもらい友人夫婦と共に宿泊しました。
お部屋が広いです。
IMG_2129.JPG

日本でも宿泊したことありません。
ケルン大聖堂のすぐそばのため、窓から見えてとても素敵でした。
贅沢~♪
IMG_2130.JPG


夕食を食べるためにチェックイン後に外出。
ケルン大聖堂を通って、お店へ。
明日中を見るので今日は素通り。
IMG_2131.JPG

こちらは後ろ側(だったかな?)
IMG_2132.JPG

せっかくケルンに来たので
ケルンの地ビール、ケルシュを勿論飲みます。
メニューの写真載せるの忘れてました
IMG_2133.JPG

IMG_2134.JPG

そして名物のライニッシャー・サウアーブラーテン
赤ワインと酢などのマリネ液に数日漬け込んだ牛肉をローストして
煮込んだ料理
ジャガイモ団子つき。
私は普通の量の半分量を注文したのであっさり食べられました。
煮込み大好き!
IMG_2135.JPG

友人のローストビーフ
IMG_2136.JPG

旦那様の注文したもの。
IMG_2137.JPG

店内はにぎわっていて、TVはサッカー
ドイツだなあって思った瞬間。
IMG_2138.JPG

IMG_2139.JPG

翌日は朝から雨。

これは前日に撮ったケルン大聖堂
IMG_2140.JPG

当初、ケルン大聖堂に登る予定でしたが、雨だからやめよう、という話をしたんです。
でも友人の旦那様が「日本なら富士山に登るのに、大聖堂に登らないのは
おかしい」ということになり、なら登りますか、ということで登る(笑)
しかし、509段あるらしい・・・(もっとあったような気が。ガイド本によるもの)

狭いらせん階段なのですが、雨の月曜日の朝、観光客が少なくほとんど
すれ違うことがなかったので、ずいぶん楽でした。
途中で鐘を見ることができます。
IMG_2150.JPG

そしてらせん階段の後は別の階段を登ります。
IMG_2155.JPG

塔の真上が見える。
IMG_2156.JPG

到着!
残念なことに雨で遠くまでは見えませんが、絶景でした。
IMG_2158.JPG

IMG_2159.JPG

IMG_2160.JPG

IMG_2161.JPG

IMG_2163.JPG

IMG_2164.JPG

降りてきて中に入ります。
中は何とも言えない厳かな雰囲気。
IMG_2166.JPG

IMG_2171.JPG

IMG_2172.JPG

IMG_2174.JPG

IMG_2175.JPG

IMG_2179.JPG

IMG_2181.JPG

床が素敵。
IMG_2177.JPG

IMG_2182.JPG

隅々まで見学して満足でした。

これであとドイツにいるのは1日半。
名残惜しいです・・・
nice!(69)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ブリュールのアウグストゥスブルク城、ファルケンルスト城 [ドイツ]

DSC_0380.JPG

ドイツ旅行の続きです。

3か国の国境を後にしてブリュールへ。
ここは私のリクエスト
ガイド本にはちょっとだけしか載っていない。
ガイド本によると
「ケルンから南に13km、ブリュールの町に建つ、ケルン大司教が夏を過ごした
ロココ様式の城。ヴュルツブルクのレジデンツも手掛けたバルタザール・ノイマン作の
吹き抜け階段は必見。フランス・バロック風の庭園と森を挟んだ所には、
狩りのための小さな城館、ファルケンルスト城が建ち、
合わせて世界遺産に登録されている」

ガイド本の小さな外観の写真を見たとき、好きだなあと思ったのは
こちらもリクエストしたヴュルツブルクのレジデンツを手掛けた人と同じだった
からと知り、納得。
造りが同じだから私の好みにはまったんだな、と。
ちなみにドイツの友人も旦那様も、このお城を知らなかったそうです。

もう外観から惚れ惚れしちゃいます。
このような建物が物凄く好みなのです。
石畳の模様も素敵。
DSC_0381.JPG

DSC_0382.JPG


入り口にある両脇の像
IMG_2101.JPG

IMG_2102.JPG

周囲に堀。
IMG_2103.JPG

ですが、ここから30分ほど歩いたところにあるファルケンルスト城に先に行くことに。
アウグストゥスブルク城の庭を通って行きます。
この庭も素敵♪
DSC_0386.JPG

IMG_2106.JPG

IMG_2108.JPG

IMG_2110.JPG

IMG_2123.JPG

DSC_0385.JPG

IMG_2124.JPG


途中の池に鳥さんたち。
IMG_2112.JPG

IMG_2114.JPG

そして庭を抜けると森を通ります。
近そうでいて、なかなか通り抜けできない。
IMG_2116.JPG

そして抜けたと思ったら普通の道路にでて曲がって、また小道を通ります。
線路があり、途中まで電車と並行して歩きます。
IMG_2121.JPG

小さくて可愛らしいファルケンルスト城。

IMG_2119.JPG

DSC_0387.JPG

IMG_2117.JPG


中は撮影禁止。
中は自由に見学できます。
日本語オーディオガイドもあり。
部屋は青と白と黄色などの配色が基調とされていてとても素敵でした。
ガイド本の言葉を借りると「優美で気品漂う」印象。
特に壁のタイルが素敵。1枚1枚絵柄が違うところがあったり。
気が遠くなりそう。

そして見学したらまた30分かけて道を戻ります。
少し長めの散歩のよう。
IMG_2120.JPG

再度、アウグストゥスブルク城が見えてきました。
IMG_2122.JPG

アウグストゥスブルク城。
IMG_2126.JPG

IMG_2127.JPG

IMG_2128.JPG

こちらも日本語のオーディオガイドあり。
でも、ツアーガイドとともに行動なので、自由見学はなし。
ここ、私の中で一番でした。
ガイド本にも書いてある吹き抜け階段も口を開けて見てしまうくらい
綺麗なのですが、その上の各部屋が本当に素敵で。
撮影できないけど、あまりにも良かったのでその時の感想とガイド内容を
気づいたらメモってました。
私の忘れないようにするための何てことないメモ、なのですが。
何となく伝わるでしょうか?

「天井のフレスコ画 、柱など隅にある彫刻が美しすぎて圧倒される」
「壁、柱は漆喰と大理石」
「階段・床、大理石」
「13日間で書いた、だまし絵。平面だけど視覚のトリックを用いてクーポラ
のように見せた(フレスコ画)」
ピンクや黄色の部屋。淡い色調で綺麗」

もう一つガイドで気になったものは、壁に掛けられていた絵に関しての
ガイド内容。
婦人が描かれていて、こめかみに大きな黒いほくろのようなものが描かれていたのですが・・・
その絵の説明が、
「37cmのウエスト。コルセットで締める。締めているので呼吸・頭痛を伴い、
それを緩和する為にアルマオイルで浸した、膏薬をこめかみに貼っている」
といった内容。
膏薬は絵に残さなくとも、と思ったには私だけでしょうか?

ここは私的にはお勧めです。
この日は観光客が多くなく、静かに見ることができました。
中をお見せできないのが残念。

この日も雨はほとんどなかったのですが、どんよりした曇り空。
帰りに日が差して、天使の梯子と共に。
神々しいですね。
DSC_0388.JPG


nice!(70)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

3か国の国境 [ドイツ]

リューデスハイム観光の次の日は一泊宿泊する観光へ。
ベルギーオランダドイツの3か国の国境へ行った後、
ブリュールへ行き、アウグストゥスブルク城とファンケンルスト城へ。
ケルンに一泊しケルン大聖堂を見るといった行程。

ちなみに私から伝えたのはブリュールの城とケルンで、
国境は友人からのプラン。
私は国境という言葉に弱い。
行きたい!と即座に思いました。
何ででしょう?

車に乗りながら「ここからオランダだよ」と言われても代り映えがないため
いまいち実感がなかったり。

国境は山の上(というか丘?)にあります。
一番高いところの印。
IMG_2080.JPG

訳したら「オランダの最高点」でも海抜322.5mしかない。
IMG_2081.JPG


この円の中が3か国の国境。
DSC_0378.JPG

観光の人たちが代わる代わる円の中で撮影(勿論自分も撮影)
Bと書いてあるところがベルギー、その左となりはオランダ、後ろはDと書いてあり
ドイツです。円の中の線で区切られている。
不思議。

そのままその場で昼食をとりました。
このお店はオランダ。
友人のノンアルビールと私のオランダのビール
IMG_2087.JPG

IMG_2088.JPG

IMG_2089.JPG

そして頼んだものは「お食事パンケーキ」なるものを注文したら
薄くて大きなものがきました。
ベーコンとチーズがのったクレープのように見える。
これがとっても美味しかったです。
IMG_2092.JPG

これは友人が頼んだコロッケ。
IMG_2093.JPG

お店の看板。
IMG_2094.JPG

展望台があったのですが、雨も降ったりやんだりだったので登りませんでした。
この日肌寒かったです。
IMG_2097.JPG

次はブリュールへ。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
今週末、3連休、実家に帰省します。
台風の進路が気になります。




nice!(61)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リューデスハイム② [ドイツ]

リューデスハイム観光の続きです。

リフトで降りあと、再びライン川の反対側に船で移動し
ラインシュタイン城へ。

実はリューデスハイムに行きたいと伝えたところ、観光プランは
すべて友人の旦那様が計画。
私は緻密な計画をしないので、とてもありがたかったです。
そして旦那様は最終日を除き、すべての観光プランを計画してくれたばかりか、
観光のお付き合いもしてくれて、本当に何とお礼を言っていいのやら。
素晴らしいプランでした。そんなため、私はガイド本を見ないとお城の名前が
わかってませんでした(・_・;)

このお城は今は個人所有で、昔は裁判所などに使われていたようです。
こちらのお城は小さなレストランがあったり、結婚式ができたりするので、当日も
結婚式があったようです。
IMG_2062.JPG

IMG_2054.JPG

IMG_2058.JPG

IMG_2059.JPG

一番高いところから見た景色。
網のようなものは、逃げられないように人を入れていた、という場所らしいです。
高いし、崖なのでかなり怖い。
IMG_2061.JPG

再度、元来た場所に戻るのまで船の時間があったので、お城のレストランで
休んでました。

そして船に乗ります。
貨物を乗せた船が沢山行きかいます。
IMG_2065.JPG

ライン川沿いのお城を見ながら。
IMG_2066.JPG

これはネズミの塔かな。
IMG_2067.JPG

IMG_2068.JPG

IMG_2069.JPG

船を降りて、つぐみ横丁などを見ました。
ワインフェスタなるものをやっている最中でした。
IMG_2075.JPG

IMG_2077.JPG

友人にはもうすぐ2歳になる娘さんがいるのですが、本日のみ旦那様の
お父様、お母様に預けてきました。
そちらのお宅にもお邪魔したのですが、素敵なお家で。
おそらく日本人の私からすると、友人宅も、お父様たちのお家も
モデルルームのような素敵なお家で、家具も本当に素敵なのです。

家に帰る途中にお父様たちのお家に向かいました。
雨が降ったり、やんだりでしたが虹が見えました。
IMG_2078.JPG

IMG_2079.JPG
nice!(58)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リューデスハイム① [ドイツ]

ヴュルツブルクに行った翌日はリューデスハイムへ。
この日から雨が降ったりやんだり。
帰国する最終日はすっきりと晴れたのだけど、それまでは雨でした。
この頃、日本では台風がガンガンやってきていて、私の住む地区にも
避難指示が出ていたほど。(家は問題なかったですが)

ライン川。
車ごと船で渡らないと、川の反対側に行けないんですね。
船に乗船し、川を渡る。

行きたい川の反対側。
IMG_2023.JPG

船に車ごと乗ってます。
IMG_2024.JPG
でもこの写真だとよくわかりませんね。

そしてゴンドラに乗ってブドウ畑の斜面を上る。
IMG_2029.JPG

どんどん高くなっていって、ライン川とブドウ畑が良く見えました。
IMG_2033.JPG

IMG_2035.JPG

着いて少し歩くと「ゲルマニアの女神像」
展望台。
IMG_2037.JPG
※9/8 写真入れるの忘れていたのに気づく。追加しました。

ここから見る景色はすごいです。
IMG_2036.JPG

そして森の中を歩きます。
途中馬車がきました。
IMG_2041.JPG
森の中、気持ち良かったです。だいぶ歩いたけど全然疲れなかった。

そしてホテル併設のレストランで昼食。
ステーキ(豚)
IMG_2047.JPG
友人の旦那様が食べていた鹿肉を一口頂いたのだが、それがとても柔らかく美味しかった。
基本、何でも食べられるのだけど普段食べないものに手を出さない私。
今度いつか来たときは是非鹿肉を食べようと思いました。

右のラードラー(ビールレモネードを割ったもの)
左は友人のノンアルビール。
IMG_2046.JPG
余談ですが、確かフランスでビールとレモネードを割ったものをパナシェと
言ったような気がします。

そして上に上ってきたからには下ります。
道もあるのですが、下りはリフト。
スキー以来。
子供のころ、さんざんやったスキーでリフトも乗りましたが
もう何十年も乗ってません。
このリフト、降りる近くになると傾斜が急になるので高い所が苦手な人は
怖いかもしれません。
リフトから撮影。
IMG_2048.JPG

IMG_2050.JPG

リフトを降りてライン川の反対側に船でまた渡ります。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
いつもなら一日の出来事を一気に書くのですが、写真が多いので
分けて書いて行きます。
写真を大きくしてみました。

nice!(65)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アンズダケと平べったい桃 [ドイツ]

ヴュルツブルクからダルムシュタットへ帰ってきた夜、
夕食は家から歩いて15分くらいのビアガーデンへ。

キノコのスープ
IMG_2020.JPG

アンズダケのメニューがあり、私はカツレツ(豚)に沢山アンズダケがのったもの、
友人はジャガイモ、玉ねぎなどを薄く焼いたものにアンズダケがのったもの。
アンズダケはこの時期にしか食べられないので、季節のものを食べることが
できて良かったです。
IMG_2021.JPG

IMG_2022.JPG

しかし、クリーム系のスープのせいなのか、ビールのせいなのかおなかいっぱいで
食べきれませんでした・・・
今なら食べられるのに!と思ったり。

このビアガーデン、とても気持ちよくて、こんな場所が家の近くにあったら
毎日通ってしまいそうです。



季節のもの、もう一つは「平べったい桃」
DSC_0356.JPG

以前からヨーロッパ旅行に行くたびに気になっていたもの。
去年もフランスでお見かけしました。
友人に渡航する前にこの話をしたところ、スーパーにあり
購入していてくれました。
念願の「平べったい桃」を食べました!
皮付きで食べるものなんですね。知りませんでした。
確かに日本の桃と味は似ています。
本当に美味しかった。
こういう気づかいをしてくれた友人に感謝です。

20時ごろの家の周り。
DSC_0397.JPG

まだ明るいです。
夜、窓を開けたらウサギが2羽跳んでいました。
野兎がいることがある、と聞いていたのでとてもよいものに遭遇できました(^-^)
nice!(55)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヴュルツブルク [ドイツ]

ヴュルツブルクはレジデンツ(宮殿)を見たかった場所。
ちなみに気づいたのですが、お城もしくは宮殿なる建物と庭園が私は好きなようです。

ガイド本によると
「18世紀に建築家ノイマンによって建てられたバロック建築の傑作。
レジデンツ内にある「階段の間」の天井はティエポロによる壮大な
フレスコ画で埋め尽くされている」
ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場は世界遺産です。
IMG_1971.JPG

レジデンツ正面
DSC_0371.JPG
これはスマホから。

IMG_1973.JPG

IMG_2019.JPG
デジカメ

レジデンツ広場のフランコニアの泉(後ろから撮影)
IMG_1974.JPG

レジデンツの中は撮影ができません。
けれど天井のフレスコ画はとても美しいです。
素敵♪

レジデンツの南端にホーフ教会があり、レジデンツの裏側にホーフ庭園があります。
建物と庭と青い空のコントラストが何とも言えない美しさ。
スマホから。
DSC_0359.JPG

DSC_0362.JPG

DSC_0363.JPG

デジカメで。
IMG_1978.JPG

IMG_1989.JPG

IMG_1991.JPG

町中の大聖堂
IMG_2003.JPG

IMG_1995.JPG

IMG_1998.JPG

IMG_2000.JPG


マリエンカペレ(1377~1481年に建てられた後期ゴシックのホール式教会)
IMG_2013.JPG

IMG_2015.JPG

IMG_2014.JPG

すぐそばのマルクト広場では市場が開かれてました。
IMG_2016.JPG

町中。
IMG_2004.JPG

マイン川。アルテ・マイン橋から。
ブドウ畑の上にマリエンベルク要塞が見えます。
IMG_2008.JPG

IMG_2010.JPG

IMG_2012.JPG

この日は日中は汗ばむ陽気で、青空が眩しかったです。


nice!(56)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ダルムシュタットへ [ドイツ]

今年の旅行、困った所から始まっています。
そもそも、私の勤務形態が変わったことなどがあり、8月以外にはお休みが
難しいこと。それに伴っていつも行ってくれていた友人と予定が合わないこと。
でも、どうしても外(海外)に出たかったのです。
東京にいると疲れたり、窮屈な気分になるのです。私だけでしょうか
なので、外に出たい。
そこで、今年はドイツに住んでいる友人(以前の職場の後輩)に連絡をしたところ
「どうぞ!」了承を得たことで、久しぶりに一人で飛行機に乗りました。
しかも自宅に泊まってよいこと、観光に行きたい所をリクエストし、すべて観光を
連れて行ってくれるという、至れり尽くせりな対応をしてくれるということで
これは行くしかないですよね!(^-^)

今回は羽田から。
羽田から国際線に乗るのは初めてです。
色々お店があって眺めました。
朝顔(造花)と風鈴が沢山。
IMG_1955.JPG

ルフトハンザで。
ルフトハンザに乗るのは15年?18年ぶり?くらい。
以前乗った時、食事が美味しかったのと、サービスが良かったので
悪かった印象がありません。
満席でした。
IMG_1957.JPG

IMG_1959.JPG

2回の機内食。
IMG_1960.JPG

IMG_1961.JPG

この他にも軽食(おにぎりもしくはケーキ)もありました。

空港まで友人のドイツ人の旦那さまがお迎えに来てくれました。
フランクフルトからお家のあるダルムシュタットまでは車で20分ほど。

自宅に到着した時が20時近くだったので
お家の庭でバーベキューをしてくれました。
お家も素敵なのですが、庭にこういった場所があるのはいいですね。
IMG_1963.JPG

次の日は
ヴュルツブルクへ。
その前にダルムシュタットにあるデザインマンションを見ました。
素敵です。
床が平ではなく使いにくいらしいのですが、人気があるので
空いてもすぐに入居者が決まってしまうとのことでした。
IMG_1964.JPG

IMG_1965.JPG


海外に行きたがるから英語はできるだろうと思っている方も
いるかと思いますが、実は私、英語はほぼできません。
ましてやドイツ語はもっと無理で。
旦那さまが英語で沢山話しかけてくれるのですが、
答えが返せない、という。(でも一応会話は成り立っている)
話している内容は何となくわかるのですが。
毎回旅行に行くたび「語学力を上げたい!」と思うのですが、
思ったまま1年過ぎ、毎年反省する繰り返しをしています(^^;
nice!(62)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
ドイツ ブログトップ