So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

不揃いなおはぎ達 [新潟]

先週実家に帰った際、おはぎを作ろうと思っていました。
富澤商店に行った時に、餡子ともち米のディスプレーを観て、あっさり購入した私。
おはぎは家族みんなが好きで、亡くなった祖父母はもちろん、父母も大好きなのです。
ちなみに実家では常に「ぼた餅」と言っています。
祖母は良く作ってくれましたが、母が作っているのはみたことがない。


家に帰ると母が「作るならもち米も餡もあるから多く作って!」と
言ってきました。

それならと増量。
朝、作成することに。
私が起きるまで待っていると言っていたのですが・・・

朝起きると待てないせっかちな母が、ほぼ作成していました。

しかし、母の適当さがここにでます。
ちゃんと同じ量で分けずに作っているため、すべて大きさが違います。
所々、餡がちゃんとついていない部分も。
DSC_0161.JPG

DSC_0162.JPG

見栄え、大事だから!ちゃんとやりましょう。
前日に美人林に一緒に行った友人におすそ分けすることを伝えていたので、
その中からなるべく形のそろっているものを厳選して渡しました(笑)
DSC_0164.JPG

作成したものは(いくつかは私も作成しました)なかなか美味しくできていました♪
きちんと祖父母の仏壇にも備え、やり切った感がありました(ほぼやっていませんが)


新潟に帰って食べたもの
ルマンドアイス
DSC_0165.JPG

前から食べたいと思っていたのですが、機会がなく。
今は東京などを覗いて、ずいぶん多くの所で販売されるようになったようです。

4つに割って食べられるようになっている最中の中に、ルマンドが1本づつ入ってます。
DSC_0167.JPG

これが美味しい
ちなみにラクトアイスなどではなく、ちゃんと表記はアイスクリーム
ルマンドのサクサク感がたまりません。

しいて言うなら値段が高いこと(200円ちょっとします)がネックとなっているような
気がします(・・;)
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

美人林 [新潟]

3連休、新潟の実家に帰りました。
友人と十日町の美人林へ。

樹齢約90年のブナ林です。

こちら観光スポットなのですが、静かで観光客もまばらでした。

入口
DSC_0143.JPG

入ると癒され空気いっぱい!
ほっとします。
DSC_0145.JPG

DSC_0146.JPG

DSC_0147.JPG

DSC_0149.JPG

DSC_0150.JPG

DSC_0151.JPG

DSC_0153.JPG

DSC_0154.JPG

この日は曇っていたのですが、晴れていたらもっと綺麗なんだそうです。
池に光が反射してもっと良い写真がとれるとのこと。
(写真を撮りにきていたおじさまにそう言われました)

池は鯉がいます。
澄んだ水でした。
DSC_0155.JPG

DSC_0156.JPG

DSC_0159.JPG

家は台風前で曇っていました。
そしてまだ稲刈り前。
DSC_0160.JPG
今年は天候が良くなかったためもあり、まだ稲刈りをしているところが
少なかったです。

次は実家でのおはぎ作成の生地を書きます(^-^)
nice!(53)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

料理教室④ [ブランチ]

こちらは先月の教室。
焼き小籠包と豆腐とレタスの中華風サラダ

お手本
DSC_0133.JPG

小籠包って簡単にできるものなんですね。
しかも家にある調味料でできるし、具の材料も少ない。
あんにチキンスープストックで作ったゼリーを崩して入れると
食べるときスープが溢れます。
生地から作りましたが、パンのようにたくさん捏ねる必要もないので
面倒ではなかったです。

問題は包み方、と思ったら案外うまくできました。
そして、なぜか包むときは自分が左利きになっていることを知りました。
なぜかそのほうがやり易いのです。
時々、ビンの蓋を開けるのに左手で開けるのですが、
「なんで左なの?」と聞かれたことがありますが、なぜかは私もわかりません(^^;

焼きも簡単でした。

簡単だったので、さっそく自宅で作成。
今回はその場で食べずに、冷凍して後で食べました。
焼きもうまくできて、さらに教室でやったよりも上手くできたと思います。
なぜなら溢れるスープの量と、生地のもちもち加減が教室で作った時よりも
良かったのです。

そしてサラダですが、この手作りドレッシングがとても美味しく
(生姜・黒酢・ごま油・砂糖・醤油が入ったもの)
これまた、さっそく家に帰って作成。
しかも私はこのドレッシングを豆腐にかけたり、納豆に混ぜて食べています。
未だにブームです。
さっぱりしていて美味しいです。
こちらが自分作。
DSC_0134.JPG


旅行から帰ってきた後、ずっとはまっていますが、そろそろブームが
去っていくかどうか・・・


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
今年やった夏らしいもの。

かき氷 小雪抹茶。
京はやしやにて。
こちら、数年前に1度食べて食べきれなかった思いでが。

1.5~2人前ですが、いいですか?と注文の際聞かれました。
そして届きましたが
DSC_0135.JPG

やはり食べきれず(・・;)

こちらもう少し中まで練乳がしみているといいのですが、
中はただの氷。
乗っている抹茶アイスが甘味が少ないので、なんだか物足りないのです。
底には白玉と小豆。

友人にも手伝ってもらい食べました。

nice!(55)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

最終日、フランクフルト [ドイツ]

帰国する日は18:05フライトなので、それまでは
まずフランクフルト観光しました。

大聖堂
DSC_0103.JPG

IMG_2581.JPG

IMG_2583.JPG

町の中心のレーマー広場
旧市庁舎
こちらはスマホ
DSC_0111.JPG

デジカメ
IMG_2594.JPG

この周辺の市場などを観ました。
IMG_2598.JPG

IMG_2600.JPG

ゲーテハウスにも行ったのだけど、写真をなんと撮っていませんでした。

ゲーテハウスはゲーテの生家。
第二次世界大戦で焼失したのを復元して、家財品は疎開させて
いたからそれを持ち込んで再現したものです。

マイン川に架かるアイゼルナー橋
鍵が凄いです。
DSC_0110.JPG

IMG_2591.JPG

DSC_0109.JPG


橋から観た景色。
飛行機が飛んでます。
IMG_2585.JPG

IMG_2589.JPG

お昼をフランクフルトで取りました。
フランクフルト最後はニース風サラダ
最後だけど、サラダが食べたかったので、なぜかフランス(^^;
DSC_0114.JPG

アプフェルヴァイン
りんご酒です。
フランクフルトといったらこれ、なんですが実はあまりおいしくないのです。
薄いりんごのお酒、という感じ。
IMG_2601.JPG

そして空港へ。
実はこの後も私が行く前最も楽しみにしていた観光。
フランクフルトの空港ツアー。
飛行機好きはテンションが上がります。
ツアー、どんなものかと思っていたら飛行機の搭乗手続きのように
ゲートをくぐって荷物検査をします。
(もちろん一般のゲートとは違う)

そして、空港内を走るバスに乗り込みます。
乗り込んで空港滑走路をぐるっと回るというもの。
(もちろん解説付き・ドイツ語)
あまり見かけない飛行機などを観て喜ぶ私。
わー。
IMG_2607.JPG

IMG_2608.JPG

IMG_2610.JPG

IMG_2613.JPG

2階建てのルフトハンザ
IMG_2615.JPG

IMG_2621.JPG

2階建てのエミレーツ
DSC_0116.JPG

荷物運搬用の飛行機。
そのため窓がありません。
DSC_0117.JPG

その脇に止まっていた車のナンバー
「LH-Cargo」と表示(^-^)
DSC_0118.JPG


帰りはこの飛行機でした。
IMG_2629.JPG

あー、楽しかった!

余談:行きの飛行機はANAでした。
ここでもハーゲンダッツが出されました。
久しぶりに海外行くのに日本の航空会社を使いましたが、
JALもANAもハーゲンダッツは必須なんですね(^^;
IMG_2409.JPG

これでドイツ旅行の記事は終わり。
もう、外に出たい(海外に行きたい)衝動に駆られています(笑)


nice!(57)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

ダルムシュタットからリートシュタットへ [ドイツ]

ドイツ旅行中、1日だけ友人が観光に同行できない日があり、
半日、ダルムシュタットの観光(もどき)を一人することになりました。
英語も、ドイツ語も怪しい私としては不安でしたが、どうにかなりました。
前日にトラムの乗り方を教わり、一人出かけました。

トラム乗り場。
IMG_2438.JPG

トラムの中では停車する場所の表示がされるのですが、
壊れていたりしてあてにならないと、友人より話あり。
何個目の停車場なのか、もしくは景色で覚えたほうが良いと友人より
教わったので、そのようにしました。
実際、帰ってくるときのトラムの表示は壊れていて、表示がいつまでたっても変わらず。

ダルムシュタットの町中。
去年も来ました。
ルイーゼン広場。
DSC_0016.JPG

DSC_0019.JPG

広場から少し外れた場所の建物
IMG_2445.JPG

大きな教会があって、去年は暑さにやられ見学しなかったので行ってみることに。
IMG_2441.JPG

大きなドーム型の教会。
中の撮影をしていいのかわからなかったので、していないのですが
素敵な空間でした。
入ると1名だけいましたが、あとは誰もいなくて、静か。
IMG_2443.JPG

教会からみた広場
IMG_2442.JPG

教会を見た後はお店を巡って買い物し、最後に広場にあるスターバックスで
休憩しました。
どこに行ってもスタバに行ってしまうのですが、
日本にはないものがあったりするので、世界の
スタバを巡るのは楽しいです。
DSC_0018.JPG

去年は思わなかったのですが、今年ドイツにきて思ったのは、
外で飲み物を飲んでいるとミツバチが飛んできます。
日本ではミツバチを私は見かけないし、飲み物に飛んできたりしないので
日本じゃないんだな~と思った私。

午後は友人の旦那さんの実家のリートシュタットへ。
前日に友人は子供を旦那さんの実家に預けていたので迎えに。

昨年もお邪魔しました。

素敵なお家と庭。庭で紅茶を頂き、夕食を頂きました。
氷砂糖を入れた所に紅茶を入れて飲みます。
これは旦那さんのお父さんが北ドイツ出身で、北ドイツの紅茶の飲み方。
夕食は友人旦那様のお父さんが担当。(お母さんもおります)

ひき肉と人参などをオーブンで焼いたもの。
DSC_0023.JPG

DSC_0024.JPG

このひき肉は味付きのものを使っているらしいのですが、
これがドイツで食べた食事で一番美味しかった。
シンプルで簡単そうなのですが、この味は家でできるのだろうか?
素材そのものもあるので、日本の家ではできない気がする・・・
そしてお父さん、お母さんはいつも夕食に赤ワインを飲む、とのことで私も頂きました。
実は、赤ワインほとんど飲まないのですがこの食事と
ワインがとても合い、3杯ほど頂くということに。(誰よりも飲んでいた)

そして北ドイツのデザート
ベリー類を煮詰めたものに、バニラ風味のクリームをかけて頂くもの。
調べたら「ローテ・グリュッツェ」と言うんですね。直訳すると「赤いお粥」
夏の定番おやつのようです。冷やしたものを食べます。
これもとても美味しかった。
DSC_0025.JPG

デザートまで作って頂いておもてなしして頂き、本当にありがとうございました。

この日1日はのんびり過ごしましたが、北ドイツのデザートなど頂くことができて
本当によかったです。
日本ではこのような日々を過ごしてないような。
羨ましい~!

nice!(56)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

ハイデルベルク [ドイツ]

シュパイヤーの後は近くのハイデルベルクへ。
IMG_2571.JPG

ライン川の支流、ネッカー川にそって広がるハイデルベルクは
ドイツ最古の大学を持ち、山の上の古城やバロック風の街並みが
残る場所(ガイド本より)

ここは観光地なので、通りは人でいっぱい。
IMG_2560.JPG

そう、ハイデルベルクに行ったのは前回の記事と同じ日の午後なのだけど、
うす曇りになり、雨が少し降ったりしていました。

教会があります。
IMG_2564.JPG

中は真っ白。
IMG_2565.JPG

IMG_2566.JPG

IMG_2567.JPG

ここを通り過ぎると、ネッカー川に架かる、カール・テオドール橋があります。
IMG_2572.JPG

IMG_2573.JPG

そこから眺めたネッカー川。
IMG_2576.JPG

IMG_2577.JPG

橋からみたハイデルベルク城。
ハイデルベルク城に行くにはケーブルカーなのだけど、
今回はそこには行きませんでした。
IMG_2574.JPG

IMG_2575.JPG

そして帰りにはアイスを。
ブルーベリーヨーグルト味。
IMG_2579.JPG

今回の旅行、友人宅からすべて2時間かからない場所の観光のため、
朝はゆっくり出発できるので、本当に体が楽でした(^-^)

次は、半日一人観光と一番おいしかった食事の話の予定。

nice!(55)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

シュパイヤー大聖堂 [ドイツ]

DSC_0071.JPG

ハイデルベルクの近くにあるシュパイヤー大聖堂に行きました。
ここは世界遺産に登録されています。
IMG_2528.JPG

ガイド本によると
「歩行者天国となっているマクシミアン通りの突き当りに1030年創建の大聖堂が
そびえている。」
地図でみるとすぐ近くをライン川が流れています。

この日も良い天気でした。
そのマクシミアン通りに入るところに塔が建っていて、
上って写真を取りました。
この景色が素晴らしかったです。
この塔に上りました。
IMG_2538.JPG

IMG_2531.JPG

上から見た大聖堂
IMG_2533.JPG

近くに交通技術博物館があるのでそこに展示されているルフトハンザが見えます。
IMG_2536.JPG

IMG_2534.JPG

IMG_2535.JPG

マクシミアン通り
IMG_2518.JPG

IMG_2519.JPG

IMG_2523.JPG

そしてシュパイヤー大聖堂
IMG_2524.JPG

入口のところにある左右の像と天井
IMG_2526.JPG

IMG_2525.JPG

IMG_2527.JPG

実はこの後、中には入れる時間ではなかったので、先に昼食を取りました。
マクシミアン通りにある、昔の市庁舎がレストランになっていたので
そこで取りました。
地下にあります。
その建物
素敵です。
やっぱりこのような建物が好きな私。
IMG_2529.JPG

まずサラダ
IMG_2539.JPG

私が注文したのは牛のレバーにこの時期しか食べられないアンズダケが乗ったもの。
これが柔らかくて臭みもなく、美味しかった。
IMG_2540.JPG

付け合わせのジャーマンポテト
IMG_2541.JPG
どれも美味しかったです。

食事後、大聖堂の中へ。
IMG_2551.JPG

IMG_2552.JPG

IMG_2553.JPG

ここにはドイツで最も美しいと言われる地下聖堂(クリプタ)があり、
4人の皇帝と4人のドイツ王が眠っています。
これは祭壇
IMG_2542.JPG

IMG_2548.JPG

ここを観た時に、スペインでみたものと似ていると思いました。
IMG_2546.JPG

この地下聖堂は3ユーロの寄付金が必要です。
そしてちゃんと日本語パンフレットもあります。
王や皇帝以外にも眠っている人たちのお墓となっていました。
nice!(48)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

アシャッフェンブルク [ドイツ]

IMG_2493.JPG

メスペンブルン城を観たあと、午後はアシャッフェンブルクへ。

実はガイド本(地球の歩き方)には1ページほどしか載っていない。
なので、詳しくわからない私。
アシャッフェンブルクはフランクフルトから南東へ
40kmの場所にあります。

公園を歩いた。
DSC_0048.JPG

広い公園。
昔の城壁の一部らしい。
DSC_0049.JPG

途中日時計があるとのことで観ました。
IMG_2502.JPG

教会も。

調べたら聖ペテロおよびアレクサンダー修道院教会のよう。
DSC_0050.JPG

教会からみた景色
IMG_2499.JPG

公園を抜けるとヨハニスブルク城が見えた。
ガイド本によると、マイン川の右岸に建つこの城は、十七世紀初頭に
建てられた。
このような建物が好きな私。
素敵すぎる。
IMG_2507.JPG

DSC_0052.JPG

DSC_0053.JPG

DSC_0054.JPG

IMG_2503.JPG

城の脇はマイン川
DSC_0051.JPG

アシャッフェンブルクのマンホール
紋章がある。
IMG_2515.JPG

この日は日差しが強く暑く
途中カフェにより、アイスカフェを頂きました。
美味しかった♪
DSC_0055.JPG
nice!(49)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

今日は [日常]

雨がずっと降り続いています。

今日は終戦記念日です。

毎年この時期は戦争に関するTVを観るのだけど
観ながら祖父のことを思い出します。

自分が行った戦地にずっと行きたがっていたこと。
そこがビルマであること。
なぜ嫌な思い出の場所に行きたがるのかわからなかったのだけど、
今なら思えるのは、そこに大事なものがあったのだと思う。
仲間なのか何なのかはわからないけれど。

もっと聞けばよかったと思う。
そこに何があったのかを。

祖父が亡くなった時に出てきたたくさんの兵隊との写真
戦艦を背にして取った写真。
それをみて初めて、戦争がとてつもなく身近にあったことを
本当に知った気がします。

ここに自分がいることを感謝し、
二度と戦争をしてはならない、平和な世の中であることを
心から祈ります。
nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メスペンブルン城 [ドイツ]

アシャッフェンブルクの郊外に建つ、メスペンブルン城へ。

こちらはスマホ撮影
DSC_0047.JPG

DSC_0028.JPG

周りを森に囲まれ、城の前面には池があり
一応観光地なのだけど、観光客もまばらで静かな場所にありました。
天気も良くて緑もたくさんあって、とても気持ちよかった。

行く道沿いにホテル
素敵。
IMG_2486.JPG

お城の入口
IMG_2466.JPG

入ると広い場所があります。
IMG_2457.JPG

IMG_2459.JPG

IMG_2460.JPG

IMG_2463.JPG

DSC_0029.JPG

DSC_0030.JPG

これは城の外にあった像
IMG_2477.JPG

ガイドの方が城の内部を説明してくれながら見学。
この城は未だに人が住んでいるとのこと。
(ドイツ語なので友人が訳してくれたところだけわかるという)
ガイド本によると15世紀に建てられ、16世紀半ばに拡張し、今の姿になった。
城になかには日本製の甲冑などもありました。

池は透明度が高く、底が見えるくらい。
魚が見えました。
IMG_2465.JPG

IMG_2484.JPG


ガイド本には「メルヘン調の城」と書かれています。

撮影をすると右下に白く写りこんだものが。
IMG_2476.JPG

丁度、結婚式の撮影をしていました。
IMG_2474.JPG

この写真を見ると確かにメルヘン調なお城の雰囲気。
素敵な写真を取ることができました。

お城のそばにある場所で食事しました。元馬小屋を改装した建物とのこと。
IMG_2480.JPG

友達のレバークヌーデルズッペ
レバー団子が入ったスープ。一口頂いたら、とっても美味しかった。
IMG_2470.JPG

ビールを頂きながら
IMG_2469.JPG

一度お肉を漬けこんでからグリルしたもの。
ザウワーブラーテンかな?
こちらもお肉が柔らかくて美味しかった。
IMG_2471.JPG

お城の説明
IMG_2485.JPG

ここは時間がゆっくりな気がします。
ただ単に日本での時間が早すぎるのか・・・
緑に囲まれているせいか、静かなせいなのか穏やかな時間が過ごせました。




余談:
先ほどNHKの番組をたまたま観ていたら、サッカー日本代表の長谷部選手が
出ていました。
フランクフルト、リューデスハイムの紹介をしていて、どれも知っている景色
であることが妙に嬉しかったです。
フランクフルトに至っては、先日自分がばっちりいた場所だったので
変な感じがしました(・・;)
nice!(52)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -